オキシトシンとは?

オキシトシンとは?

オキシトシンは人間が分泌するホルモンで、愛情ホルモンとか幸せホルモンなどと呼ばれ、安息や幸福感などを感じるために必要な物質です。幸福感を感じることにより人間は大きくストレスを緩和させる事ができ、より相手に対しての信頼感をアップさせることが出来ると言われています。

オキシトシンの役割

脳にある視床下部で合成されて、下垂体後葉という部位から分泌されます。オキシトシンは哺乳類のみが分泌でき、特に妊娠・出産時に多く分泌されます。出産の際には子宮の筋肉を収縮させ陣痛を引き起こす役割を持ち、出産後には子宮を小さくして胎盤を剥がす役割が。母乳を分泌する際には乳腺の周囲にある筋肉を収縮させて母乳の出を良くするなど、これから赤ちゃんを産み、育てる女性には非常に大切なホルモンといえます。

ストレスの軽減にも役立ちます

オキシトシンの分泌により、脳内物質セロトニンが活性化をします。セロトニンが増えることで精神の安定が図れるため、ストレス解消にも役立つ事が分かっています。ストレスが溜まり、苛つきやすい方はオキシトシンの分泌が足りないのかもしれません。現代社会はオキシトシンを増やしにくい生活スタイルを送りがちになってしまいます。それによってストレスが溜まり、余裕がなってしまうのです。

スキンシップをすることで増える

スキンシップをすることで増える

そういう方はコミュニケーションやスキンシップを積極的に取ってみましょう。夫婦、カップル、親子といった親しい間柄。子供を抱くこと(スキンシップを取る)でもオキシトシンは分泌されます。人間以外であればペットと触れ合うことでも増やすことが出来ます。しかし単に触れあえばいいというものではありません。自分が「居心地良い」と思えなければオキシトシンは増えないのです。

パートナーがいなくても大丈夫です。一人でも映画やドラマを見て感動をすることによっても増やすことが出来ます。また新たな分野に挑戦することも良いと言われているので、何か資格を取ろうと思ったり、スポーツをしたりなど、意欲の出る事をすることで気分転換にもなりますので積極的にチャレンジしてみて下さい。

オキシトシンは食べ物で増やせる?

オキシトシンを増やす食べ物は残念ながらありません。また胃や腸に入れてしまうと分解されてしまい吸収できなくなります。9個のアミノ酸から成り立っているホルモンであるため、分解されると違う物質になってしまうのです。そのため食べ物から効率よく取り込むことはほぼ不可能と言ってよいでしょう。

また、オキシトシンが配合されている点鼻薬もあるとの情報ですが、それによる確実な効果は今のところ不明です。確実にオキシトシンを増やすには、いくつかご紹介したような方法を取り、脳内から分泌させるしかないのです。少しの思いやりさえあれば難しくはありません。

オキシトシンで幸せを感じましょう

オキシトシンで幸せを感じましょう

オキシトシンが増えることによってパートナーや親子間の信頼を高める事が出来る、ストレスの軽減などのメリットがある事が分かりました。しかもそれは非常に好循環で、分泌中に周囲の細胞でも合成が促進され、その合成が一定量を超えるとまた下垂体後葉より分泌が行われるといった事が体内では起きています。いつもそのような環境にいれば、ストレス社会と言われる現代も怖くありません。またストレスへの耐性もつきますので、積極的にオキシトシンを増やしていきましょう。

媚薬に配合される理由

これらの具体例がいくつもあることによって、なぜ媚薬に配合されるのか?その理由も納得いくのではないでしょうか?恋人同士、また夫婦であればよりその効果が顕著になるからです。オキシトシン配合の媚薬を使うことで信頼関係が深まり、そして催淫作用を持つ成分で気分が高揚します。そうすることで気持ちのいいセックスが行えるようになります。

セックスもスキンシップですから、最中にもオキシトシンは大量に分泌されます。そしてオーガズムの瞬間にも。少しマンネリである、セックス自体がつまらない、といったパートナーである場合はオキシトシンを増やす絶好のチャンスを活かしきれずに非常にもったいないです。不足することによって苛つきが起きやすくなり、関係が冷めてしまう原因にもなりかねません。そういった時に媚薬を使い、オキシトシンを増やすことで有意義なものになるのではないでしょうか?

媚薬の通販

媚薬の通販